処女膜再生で気持ちを若返らせる|若いメンタルづくり

清潔が第一

気を付けたいポイントとは

女性のほとんどが経験していると言われている”ナプキンのかぶれ”ですが、生理中にはナプキンで、それ以外のときでも、おりものライナーでかぶれてしまう人も多いです。このかぶれは、仕方のないものだから、少し経てば自然に治るもの、と考えて放っておいていませんか。その考え方は非常に危険です。かぶれを放置していると、バイ菌が入り、思わぬ病気になってしまったり、かぶれた跡が残ることもあるのです。ですから、ここで一度きちんと考えてみませんか。ナプキンのかぶれで気を付けたいポイントは一つ、清潔を保つことです。こまめに取り替えて、蒸れる環境を作らないこと。それから、締めつけのきつい服装は避けることをオススメします。

思い切って変えてみることも必要

先程紹介したように、ナプキンが蒸れないようにしてみたけれど、それでも解消されないという人は、思い切ってナプキンを違うものに変えてみるということも必要です。例えば、メーカーごとに特徴や素材が違うので、人によって合う合わないということもあります。また、使い捨てのナプキンよりも、布ナプキンの方が、かぶれにくいともいわれているので、敏感肌の人は特に「布ナプキン」がオススメです。また、この場合、繰り返し使うことができるので、経済的とも言えます。かぶれないナプキンを見つけることは、生活のストレスを減らすことができるということです。諦めずに、納得のいくナプキンが見つかるまで、根気強く探してみることをオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加